1972年11月1日に警備業法が施行されました。生活安全産業として社会の安全・安心に貢献し警備業に対する理解と信頼を高めることを目的に「11月1日は警備の日」と定められました。然しながら平成27年度は、警備業界全体で業務災害と通勤災害を合わせて2,025件の災害がありました。平成26年度に比べると約18%も増加しています。

2号業務の事故を誘発させた業務内容を見ると、車両誘導中・移動中・歩行者誘導中等々ありますが、車両誘導中の事故が50%を占めています。また昨年は通勤災害も増加しており、過去最悪の結果となっています。

弊社では、「社内誌」を発行し、事故防止策を立て、業務災害・通勤災害の事故事例、ヒヤリ・ハット事例を全員周知させ、業務災害・通勤災害「0ゼロ」を目指しています。

当社では、しっかりとした教育制度、業界では珍しい評価制度(表彰式)を採用するなど、働きやすい職場づくりに力を入れています。

人材募集